本さえあれば大丈夫!

本好きが書いたブログ

スポンサーリンク

中村 キヨ(中村 珍)先生の漫画にはまっています。

内容紹介

未来が惜しくて恋ができるかよ。

「彼女たちが可愛くて可愛くて仕方ない!それさえ伝わればあとはどうでもいい!」—————100%ノロケ話をしているだけで著者の生活費を稼ぎ切った女癖最悪の人気エッセイが電子書籍化!

女二人の殺人逃避行を描いた『羣青』の著者、中村珍の素性・中村キヨが贈る、百合と呼ぶには実話、ガールズラブと呼ぶには年増、愛と呼ぶには軽薄、恋と呼ぶには痛切…。重くも暗くも深くも冷たくもない女同士のハイテンション人間関係漫画。

 

中村 キヨ(中村 珍)先生の漫画にはまっています。

読めば読むほど味わい深い人間性とそれが際立つ絵。

続きがどんどん読みたくなります。 

 

本当に最近なんですが、初めはこちらの作品から読みまして衝撃を受け、

 

 

こちらもすぐに読みました!

麗しの女性陣もどんどん美しく見えるようになってきます。

キャラがすっごく立っている。

 

重い内容の部分もあるので面白いと書いていいのか正直分からないのですが、

続きが気になる面白さがあります。常識がふっとばされるといいますか。7人の彼女って凄い!愛されまくりですね。それなのに、全員のことを大事にしている。

女性陣もですが、中村先生のことが大好きになってしまいました。魅了されます。

 

 私のようにはまってくれる人が増えますように!

 

私は、 お母さん二人いてもいいかな!?→レズと七人の彼女たち→ママ母手帳の順番で読みましたが、レズと七人の彼女たちから入った方が気持ち的にスムーズに読めるかもしれません!

重くても大丈夫なら、 お母さん二人いてもいいかな!?→ママ母手帳→レズと七人の彼女たりがおススメです。

スポンサーリンク