本さえあれば大丈夫!

本好きが書いたブログ

スポンサーリンク

犯人たちの事件簿 金田一少年の事件簿外伝が面白すぎる!!!

金田一少年の事件簿はご存知でしょうか?

いつのころから読み始めたのか忘れてしまいましたが、金田一少年の事件簿が大好きで初期のころから漫画も集めていました。

心にずっと残っている話がたくさんあります。

 

 

それでですね、少し前に金田一少年のスピンオフ、犯人たちの事件簿 金田一少年の事件簿外伝を読んで衝撃を受けました。

 

福満先生の“妻“がほんとうにかわいい

福満先生の日常生活漫画がとても面白いです。

少し読む人を選ぶかもしれませんが、奥さんが本当に可愛くてですね、妻推しになります。

 

 

福満先生の考えていることも読んでいてだんだん癖になってきます!

その中でも、奥さんが本当に可愛くて面白いのですっ!!!

 

 

 

1巻が発売されたばかり!こちらの本も面白かったです!(^^)

「時間はある、見つければある」

 

近頃、エリカさんの著書にはまっています。

  

 こちらの本もたくさん心に残りましたが一番心に残ったところを紹介します。

 

「時間がない、忙しい」が口グセであれば、「時間はある、見つければある」という口グセに変えてみましょう。

自分をコントロールできる人、自分に指示できる人になりましょう。

明日も今日と同じとは限りません。

大切な何かが大きく変わってしまうかもしれないのです。

「今を大切に生きる」のは、後悔しないためだけでなく、より幸せであるためにです。

 

「時間はある、見つければある」ってとても素敵な言い回しだと感じました。

ついつい、口に出さなくても忙しいなぁと思う日々。

 

時間を見つけるという視点で物事を見出します(^^) 

自分をコントロールできる、自分に指示できるというのは何をするにおいても大事なことですよね。

中村 キヨ(中村 珍)先生の漫画にはまっています。

内容紹介

未来が惜しくて恋ができるかよ。

「彼女たちが可愛くて可愛くて仕方ない!それさえ伝わればあとはどうでもいい!」—————100%ノロケ話をしているだけで著者の生活費を稼ぎ切った女癖最悪の人気エッセイが電子書籍化!

女二人の殺人逃避行を描いた『羣青』の著者、中村珍の素性・中村キヨが贈る、百合と呼ぶには実話、ガールズラブと呼ぶには年増、愛と呼ぶには軽薄、恋と呼ぶには痛切…。重くも暗くも深くも冷たくもない女同士のハイテンション人間関係漫画。

 

中村 キヨ(中村 珍)先生の漫画にはまっています。

読めば読むほど味わい深い人間性とそれが際立つ絵。

続きがどんどん読みたくなります。 

 

本当に最近なんですが、初めはこちらの作品から読みまして衝撃を受け、

 

 

こちらもすぐに読みました!

麗しの女性陣もどんどん美しく見えるようになってきます。

キャラがすっごく立っている。

 

重い内容の部分もあるので面白いと書いていいのか正直分からないのですが、

続きが気になる面白さがあります。常識がふっとばされるといいますか。7人の彼女って凄い!愛されまくりですね。それなのに、全員のことを大事にしている。

女性陣もですが、中村先生のことが大好きになってしまいました。魅了されます。

 

 私のようにはまってくれる人が増えますように!

 

私は、 お母さん二人いてもいいかな!?→レズと七人の彼女たち→ママ母手帳の順番で読みましたが、レズと七人の彼女たちから入った方が気持ち的にスムーズに読めるかもしれません!

重くても大丈夫なら、 お母さん二人いてもいいかな!?→ママ母手帳→レズと七人の彼女たりがおススメです。

ラクになる練習 人づきあいを軽やかにする38のヒント

 

日々、楽に生きたいなぁと思っている私にピッタリな本を読みました(^^)

 

心をラクにする仏教の教えを可愛くてほのぼのする猫の絵ととともに、人間関係のヒントが載っています(^^)

 

 「いい子」「いい人」を演じなくていい

 

人の「いいね!」を待つより、自分に「いいね!」をしよう

 

女らしさ、男らしさも変わるもの

 

 

特に心に残ったのはこの3つ。

 

他にも取り入れようと思ったことがたくさんありました(^^)

 

仕事も恋も手に入れる ズルいほど幸せな女になる40のワザ

 

f:id:siawasenico:20170827164748j:plain

 

f:id:siawasenico:20170827164757j:plain

 

昨年読んで実践している本の紹介です。

この本、本当に為になります!!!

 

内容紹介

手抜きなのに仕事ができて愛される「Sweet女子」、キャリアアップに必死なのに空回り気味の「Bitter女子」を対比。ワークライフバランスに優れた働き方をイラストとともにわかりやすく解説! 「Sweet女子は定時で帰り Bitter女子は残業する」「Sweet女子は短いメールを書き Bitter女子は長いメールを書く」「Sweet女子はお局様に可愛がられ Bitter女子はお局様に睨まれる」ワークライフバランスに優れた働き方をしているOLを「Sweet女子」、働きづめのギスギスしたOLを「Bitter女子」と名付け、2人を対比させながら、理想的な仕事への向き合い方、上司や同僚との付き合い方、時間・お金の使い方を土台に“仕事、ライフスタイル、人間関係も全部うまくいく方法"を説いていきます。理想論ではなく、明日からすぐに実践できるアイデアがたっぷり詰まった一冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

手抜きなのに、人にも仕事にも愛される「ズルいワザ」。オフィスを制する者は恋愛も制する!ビジネスマナーのプロが職場で使えるワザ教えます。

 

 

手抜きなのに仕事ができて愛される「Sweet女子」になりたーい❤

 

 

スイート女子は 気がきく

ビター女子は 大きなお世話

 

著者の以前働いていた先の当時の後輩、スイート女子がとても素敵なのです。

 

彼女を一言で言うと、“いつでも語尾にハートマークがついている女性”でした。

「今、何やっているんですかー?❤」

「データ入力だったら半分くださーい❤ 手があいたのでやりたいでーす❤」

「会議室予約したんですかー?❤ まだなら私がやっときますよー❤」

 いつでも語尾にハートマークがついたような、可愛らしい聞き方をしてくれるから、私は「ありがとう、じゃあ、お願いしちゃおうな」と言えたし、「あ、忘れてた!」と素直にミスを認められました。彼女のつくってくれた、こちらの心をほぐしてくれる空気のお陰です。さりげなく、小さな声、というのもポイントです。

 

 

 また、彼女はイレギュラーな業務が発生すると、必ず先輩の私に進め方の許可を求めてくれました。そう、優秀なのに、決して先走らないのです。

仕事が効率よく回るようにチーム内でフォローし合ったり、カバーし合ったりするのは会社員として当然のことです。そして、それを“相手を気持ちよくさせながら”できるのがスイート女子なのです。

 

一方、ビター女子の語尾には「これ間違ってますっ!」「それ、もう私がやっておきましたっ!」というように“っ!”がつきがちです。

 

これを読んで、私もスイート女子を意識しています♡(笑)

本当に、語尾に❤がついていた方が仕事が進めやすいです♡

 

 

スイート女子は ちゃんと有給を取り

ビター女子は できるだけ有休を取らない

以前より有休をとるようにしています♡ 

 

 

スイート女子は お局様に可愛がられ

ビター女子は お局様ににらまれる

 

お局先輩のモンスターパワーは彼女たちの「キャリア」を尊重し、「老い」を刺激しないだけで、いとも簡単に消滅するものなのです。

 これ実践すると、めちゃめちゃ喜ばれますね。

年配の女性は自虐ネタを言ったり、自分を卑下する女性も多いですが、その方が今まで頑張ってきたことを伝えると喜ばれます。

 

スイート女子は 上司を出世させ

ビター女子は たてつく

「フォローシップ」に必要なスキルを5つ挙げてみます。

1 上司の考え方や仕事のやり方がわかる「理解力」

2 こまごまとした仕事を代行できたり、気をきかせられる「秘書力」

3 “報連相”を円滑にでき、ほしい情報を与えられる「発信力」

4 ゴールから逆算して先手で段取りを整える「先読み力」

5 上位者と下位者のパイプ役になる「調整力」

もしあなたが上司なら、どんな部下をもちたくないかを考えてみて下さい。

 

上司を出世させたい!!!と思っています。

先日上司が大きく出世しました。めちゃめちゃ嬉しかったです!!!

 

ほんの少し見方や言い方、言動を変えるだけで楽になりますね(^^)

男性にもオススメしたいです♡

大原扁理さんの20代で隠居を読むのが楽しかった!

 

本の存在は知っていたのに今までなぜか読んでいなかった大原扁理さんの20代で隠居を読みました!面白くて楽しくてあっという間に読み終わっちゃいました!まだ読んでいたかった…!!!

 

 

普通とか常識の概念が崩れますね。

仕事や人間関係に悩んでいる方には是非とも読んで欲しいです!

 

一度ご本人に会ってみたいなぁ(*'▽')

 

スポンサーリンク