本さえあれば大丈夫!

本好きが書いたブログ

スポンサーリンク

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと読んで涙した

西原 理恵子先生の本を読みました。

  

 

otekomachi.yomiuri.co.jp

 

こちらの記事で読んでいただくとそれだけでも西原先生の想いが伝わってきます。

 

 

 

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことの中で、泣いちゃうくらい感動した部分があったのでそこを書かせてください。

 

第一章の最期の部分です。

 

早いなあ。気がついた時には、一瞬でいなくなっちゃう。今でも、思い出す。ちっちゃかったふたりが「かーしゃん、抱っこしてー」「抱っこしてー」って、くっついてきたあの時、もっと、ぎゅーっと、何度でも、抱っこしてあげたらよかった。

家なんてもっと汚くてもよかった。洗濯物も、ためちゃえばよかった。家事なんて、全部あとまわしにしたらよかった。もったいないことしちゃった。だって、あんな時間はもう二度とない。子育て、大変だった。でも楽しかった。16年なんて本当にあっという間。気がつけば、子どもたちは、新しい夢に夢中で、もう、うしろ姿しか見えなくなってる。

 

 この文を読んだ時に、「もう一度人生をやり直せるなら」の詩を思い出しました。

 

肩の力を抜き、リラックスして、もっとシンプルに生きる。ナディーン・ステア 「もう一度人生をやり直せるなら」 | たぬまん

 

大事な事って今この瞬間には見えていなくて、生きるためにもっと先を必死に見ているけれど後から考えると違うのかなって。大切なことを教わりました。

 

  

私の中の西原先生のイメージは、優しく、愛情深く、繊細で傷つきやすく、強くて弱くてそれでも強く、人に与えることが出来る人です。そして、笑顔が素敵な女性。

高須先生と仲睦まじいエピソードを読むと心があたたかくなります。女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことの中にものろけがありました(^^)

 

 

西原先生の本で大大大好きな本はこちら。

読んでいて涙が出そうになったり、幸せな気持ちになります(^^)

 

正しい家計管理を読んでドキッとしたこと

 

 

 正しい家計管理を読んでドキッとしたこと、なるほどなぁと思ったことを書きます(^^)

 

 

 

 

家族が求める「価値」を定義する

家計管理の目的は、ひとつです。

自分と家族が、現在も未来も幸せに暮らすこと。

お金はその幸せな生活を実現するための重要なツールです。

 そうですよねー!お金はそのための重要なツール(^^)

 

生涯で稼げるお金には限りがある 

家計を考えるとき、絶対に忘れてはならないことがあります。私たちが生涯にわたって稼ぎ出せるお金には、限りがあるという事実です。生涯で稼げるお金は、人それぞれ違いますし、住む場所や環境や家族形態によって、給与水準や最低限必要な金額も違います。

ただし、有限であるということは誰にとっても共通しています。

 生涯賃金もどのような働き方をするので変わってきますね。

 

どんぶり勘定は恐ろしい

1年間の手取り収入、支出、預金額。ざっくりとでもいいので、具体的な数字を今すぐ言えますか?

 

f:id:siawasenico:20170806212949j:plain

帯にも、どんぶり勘定は定収入より、恐ろしい。と書かれています…!

 

 純資産を増やす

家庭を破綻させることなく、存続させていくにはどうすればいいのでしょうか?

「毎月1円でもいいから純資産を増やすこと」

これこそが、家庭存続の原理原則です。

ご存知のように、純資産とは預貯金や不動産、株などの「資産」から、住宅や車のローンなどの「負債」を差し引いて残ったお金のことです。

純資産を増やす大前提は、「支出を収入以下に抑える」こと。

要は収入の範囲内で暮らし、毎月1円でも黒字を出してプラスの財産を積み上げていく。

これを見て、毎月1円でもいいから純資産を増やすって納得でした。家庭を存続させることは、会社をできるだけ長く存続させることと同じですね。

 

 家計の真実を把握する

  ノートを2冊用意する

・1冊目は「財産目録」用

・2冊目は「予算・収支」用

「先月より1円でも純資産が増えているか」をチェックすることが目的なので、この作業は避けて通れません。

こちらは手書きで記入するといいそうです!

詳しい書き方は本に載っています(^^)

 

削るべきは、一見、削れないように見える管理不能支出なのです。

価値観の眼鏡をかけ替える。

管理不能支出は、見栄やプライド、思い込みなどと密接に関係している支出です。

毎月、固定的に出ていく固定費を見直そう!

私の場合は、格安SIMをつかったり、ふるさと納税で住民税を減らしたりしています。

固定的に出ていくものはどんどん見直していきたいです!

 

複合費という考え方 

「目的」に注目した分け方が「複合費」なのです。

これはこの本を読んですぐに実行しました。

旅行に行った時の乗り物代やご飯代は何費にするのか悩むときの解決方法です。

私でしたら東京に勉強に行ったらそれは、移動のためのお金や交際費も合わせて「学び費」で統一して計上します!この考え方は便利です!

 

収入の多さではなく、1時間あたりの満足度が幸福度を決める 

その限られた1時間を、自分がもっとも価値をおいているものに集中させられたか。

どれだけ、自分と家族を満足させることに使えたか。それが私たちの幸福度を左右します。「限られたお金を価値あるものに使う」ということと密接にリンクしています。

良い事書いてあるなと(;ω;)

 

 

全編通して、為になることばかり書いてあっていいなと思った部分の一部だけ抜粋しました。

お金について学ぶことは自分の為にもなりますし、人の為にもなるなとあらためて思いました(^^)

あなたがあなたのためにできる最高のこと

 

読んですっごく良かった本を紹介します!

 

 

まず、購入に至った経緯ですが、知人が悩みがあってその悩みが解決するようなコミックエッセイをプレゼントしようと思ったことがきっかけなんです。その本が、1000円ちょっとでした。

その時に本屋さんで私が自分自身の為に買いたいと思った小説が1500円くらいでした。

そこで私は、自分自身の本にお金をかけるのをもったいないと思ってしまったんです。

少し時間を置けば図書館でも読めるのにお金を出して今買わないとだめなの!?って。

人にはお金を軽~く出してプレゼント出来るのに、自分には出来ないの?と。

 

その時偶然手にとった本です。

 

著者は女の子の中に輝いている目には見えない、まるいもののことを、命の核と読んでいます。

それを、自分自身の本当の価値とおっしゃってます。

その命の核に対して働きかけることを「プリンセスマナー」というようです。

 

自分自身と付き合うためのマナー=「プリンセスマナー」

プリンセスとはあなたのことですプリンセスマナーとは、他人ではなく、自分自身と付き合うために必要なマナーです。

 

プリンセスマナーを実行するとあなたにとっていいことあるよ!って感じの説明の本でした!

 

正直私はプリンセスとは程遠いよ!!!と思ったのですが多分これはやってみなさいってことなんだろうなぁと思って素直に実行しています。

 

自分をプリンセスのように価値のある存在だと思って、自分を大事にして、自分を甘えさせて、自分を喜ばせることをしようと!大好きな人を喜ばせるように自分を喜ばせようと!

 

自分に対して、目配り、気配りが必要とのことです。

目配りをする、とは、できるだけ客観的に見ていてあげること。

気配りをする、とは、嫌な気分にならないように配慮してあげること。

 

自分自身が嫌な気分にならないようにって言われてみればその通りですよね。

 

自分自身に対してケチだという方の話が載っていてその気持ちに共感しました。

これまさに冒頭の自分の読む本を買うか買わないか迷った私のことです。

 

この本を読んで私がしたことは、まず、本屋さんで好きな小説や本をたくさん買いました。マッサージに頻繁に行くようになりました。髪や、まつ毛、体の柔軟性等自分自身のケアにお金と時間をたくさんつかいました。よく寝ています。無理して頑張ることを辞めました。

行きたくない集まりや飲み会は断って、本当に行きたいところにはお金をかけていくことが出来ました。

 

すると、まわりの人が今まで以上に優しくなりました。自分に余裕があるから人のことにも寛容です。

家事もちょっと手を抜き出しはじめましたが彼はもっと優しくなりました(笑)

そんなに頑張らなくてももっと自分のやりたいことをやっていてもいいんだなって気づいたんです。

 

自分が自分自身に扱っているように、他の人からも扱われてしまいます

 

これもその通りだと実感しています。自分で自分を傷つけていじめちゃダメなんですね。

 

一番いいなと思ったのはこの部分です。

「自分を犠牲にして、他人に与えなくてはいけない」ではなく「自分に与えれば、自然と他人にも与えられるようになる」

 

ということで、これからも継続して自分自身を大事にしたいと思います♡

 

いま、なにかにいっぱいいっぱいな人にこそおススメしたいです(^^)

女が28歳までに考えておきたいこと

 

 28歳!!!年齢的にとても気になった本です。

この本を購入した時の私は26歳でした。今は、29歳です(^^)

 

 

 

 

 

28歳は、女性のターニング・ポイントらしく、恋愛、仕事、結婚、将来のこと…20代後半で焦りを感じる「女性の心理」「女として決断しなくてはならないこと」がたくさんある時期。

 

 人間は不思議なもので物事の“手前”が怖いという心理がある。

けれどだいたい「案ずるより産むが易し」で実際に行えば何とかなるもの。

 

賢い女性は、自分の中の女性らしさも大切にしながら、“男性的なセンス”も上手に利用します。

 

“チャレンジ”するから“チャンス”もつかめる

自分にとって本当にプラスになること、もの、道を選ぶように心がける

自分をチャレンジさせるためには、少々大変な仕事でもチャレンジしてみる

 

 

「誰かに幸せにしてもらう」のではなく、「私が幸せにしてあげる」と考えられる人は芯のある女性

 

私ひとりでもハッピーに生きられる。

でも、大好きな彼と一緒だったら、もっとハッピーになれる。

そんな風に考えられる人にいい恋愛はめぐってきます。

  

“手綱”はゆるく持った方がうまくいく

男性を「応援する」という姿勢は、女性にも必要

 

結局のところ、うまくいっているカップルは女性が男性の心のツボをしっかり押さえてパートナーをうまく操縦しています。

いまふたりに必要なことは何か、どうすれば彼の役に立てるか自分の頭で考え、判断して、行動に移せるような「しなやかな強さをもった女性」

 

男性はプライドが高い生き物

しっかりしていて、情緒豊かで、守ってあげたい気分にさせ、一緒にいると心がなごむ女性が、男にとっての“いい女”

こうした男性心理を理解し、上手く操縦するのは実はとても簡単なこと。

 

男性は責められると「勝負モード」に入ってしまう

(これ分かります!!!笑)

 

 

女性が幸せになれるパートナーの条件は、「生命力と生活力のある男性」

精神面では、「いざという時、あなたの味方になってくれるか否か」

 

目的や目標を持ってなりたい自分をイメージしてそれに向けて一歩一歩進んでいく

 

上司とうまくやっていくコツは、「相談する」こと

 (これを実践して上司に「相談しても良いですか?」と聞くようになってから、可愛がってもらえて、仕事の効率も上がって素晴らしいです!!!)

 

この本と出逢った時の私は、仕事では今までとはまったく違う新しい仕事のまとめ役を任され、恋愛ではお付き合いしている彼との将来のことで不安になっていました。

今読み返してみると、書いてあることに納得です。少しは成長できたみたいです(^^)

 

 

奇跡を起こす!3つの魔法

 

 叔父からもらった本がきっかけで浅見帆帆子さんを知りました。

 

 

siawasenicobooks.hatenablog.com

 

 

以前の話ですが、職場の人間関係で、どうしてそうなるの?どうしてその言葉だけを切り取るの?どうしてそんな対応するの?というような、辛いというより、怒りよりも、とても悲しい…。そんなことがありました。

 

私は表面上、なんとか笑顔でいてもそれは仮面が貼りついているかのようで。

とても胸が苦しくなりました。

 

悩みに悩んだ私は以前叔父に言われた通り、本屋さんに行きました。

  

なんとなくなのですが、浅見帆帆子さんの本があったら買おうと心に決めていました。

 

そして、そこで出会った本です。 

 

 

~商品説明より~

リストラ寸前だった主人公が、メンターといえる同僚のアドバイスに耳を傾けながら、知らず知らずのうちに幸せへの鍵を手にし、社内一優秀なカスタマーサービスとなって昇進を手に入れ、さらには私生活での幸せも手に入れるまでの過程を描いたスピリチュアル・ストーリー。悩み事が消え、毎日笑顔で暮らせる秘訣が学べます。

 

 

著者は、バーバラ・バークさん,監訳・解説が浅見帆帆子さんです。

思っていた通り私が悩んでいたことがピンポイントで分かるような本ででした。

 

 

本との出会いも一期一会。

3つの魔法というのは、表紙に描かれている紙ナプキン・スイカ・猿なんですが、なるほどなぁと思いました。

私にもメンターとして、イザベルが傍にいて助言をくれ、たまに紙ナプキンを置いてくれたらいいなぁと思いました。

 

浅見帆帆子さんは、「はじめに」で、はじめてこの本を読んだ時、「これは、誰の生活にも起こりうる問題の解決方法」と書かれています。

 

 

雑多にですが、心に響いたところをメモします。

 

 

問題は姿を変えた贈り物かもしれない。

 

口に出す言霊は、対象物の区別なく、自分に言っているのと同じ。

 

私はいつの間にか「宇宙の管理人」という役職を自分自身に与えてしまったようです。

それは、ありとあらゆる人や物をコントロールする癖 。

 

自分自身を批評家から観察者へと変える。

 

すぐれた管理職は、二つをなす。

一、自分がしてもらいたいことを、人にもする

二、正しいことをする

 

人にしたことは、自分に返ってくる。

 

幸せな人はポジティブなエネルギーを放っている。

(知らない人でも微笑みかけてくれることに気付く)

 

起こることはコントロール出来なくても、それに自分がどう反応するかはコントロールできる。

 

 

 

私はこの本の主人公の女性のように、いつの間にか「宇宙の管理人」になっていて、批評家になっていました。

相手を責めるのではなく、自分が良い方向に変わっていこうと思いました。

 

 

この本を読んで実際にやってみようと思ったのは、一日一回、心のスイッチを切るということです。

 やってみたところ、とても難しいです!(笑)

今思えば、心のスイッチを切ることは、瞑想ですね(^^)

 

あれしなくちゃ、これしなくちゃ、あれもやろう!と考えてしまいます!!!

 

悩んでいるときにはやっぱり先人の知恵を借りると早期に解決や気持ちの切り替えができることをあらためて学んだのでした。

 

セルフコーチング!人生改造宣言

 

おススメのコーチングの本です。

 

「成功するためのセルフコーチングプログラム 人生改造宣言」

 

まず、タイトルが凄いです!!!(笑)

 

帯には、

 

最近、仕事に…、日常に…、人生に疲れていませんか?

 

世界的に著名なライフコーチングの第一人者が、貴方の夢と希望を叶えるノウハウのすべてを伝授!

ライフ・コーチングの定番書!と書かれています。

 

 

著者は男性かと思いきや、タレン・ミーダナーさん。女性です!

 

 

本の内容ですが、行動、習慣、お金、時間、整理整頓等、

好きなことをしようよー!セルフケアをしようよー!という感じです。

 

第10章までありますが章のタイトルを記載します。

ナチュラルパワーを高める

・行動を整理する

・お金を自分のために働かせる

・人生にもっと多くの時間をつくる

・パワフルな人間関係を築く

・好きな仕事をする

・汗水たらさず、賢く働く

・コミュニケーション能力を磨く

・セルフケア

・最小の努力で成功をつかむ

 

私にとってはこの章のタイトルすべて魅力的です。

 

ところどころに、世界中のその話のプロの格言のようなものが載っているのですが、

行動を整理する章では、カレン・キングストンさんのお言葉が載っていてテンション上がりました。

 

日常の例とともにこうするといいよ!という行動や考え方が載っていて、読むと行動力がかなり上がります。前向きになってすぐに実践したくなります。

人生について考えたいなーとか、日常をあらためて考え直したい人にピッタリです。

 

読むととにかく片付けと掃除がしたくなります!!!(笑)

叔父の愛を感じる3冊

こちらのブログでは私が読んで心に感じた本を紹介していきます。

 

社会人になったときに、昔から本が大好きだった私に、看護師の叔父は本をプレゼントしてくれました。

 

「何か悩むことが出来たら本屋さんにいってみなさい。

人が悩むことはみんな経験していること。本屋さんには必ず解決があるよ」

 

人の感じるありとあらゆる悩みは既に本となっているから困ったときは本を頼る。この言葉は私の心に突き刺さりました。

 

それから本屋さんと図書館、電子書籍をよく利用しています。

本屋さんに行くと、わくわくします!

 

いつも本を読んでいる私が本を読んで思うことはありがたいなという気持ちです。

本は著者が一生を通して分かったことを書いていたりもするんですよね。時間をかけて勉強したことや学んだことが分かりやすくまとめられて凝縮されています。

同じ時代に生きていなくてもその人の考え方がわかるって凄いです。

 

だから、私は知り合いやブログを読ませていただいている方が紹介された本は基本的に読むようにしています。

 

その時その時のこれ読んだ方がいいよ!という運命のタイミングを逃さないようにしています(^^)

 

読み終わった後は、まだ自分に必要だと感じたらとっておき何度も見返します。読んでちょっと違うかな。既に出来てるかな。吸収出来たなと思ったものは手放します。友達にあげたり、ブックオフにお世話になっています。

 

今回紹介する本は、叔父からそのとき頂いた本3冊の本です。

 

「ありがとう」は、魔法の言葉。本当にそう思います。

 

 

この本に書かれている、「精神レベル」私は本当にあると実感しています(^^)

納得できますし、幸せになれる考え方だと思います。

一緒に成長したかったから、この本は彼にも貸しました!( ´艸`)

 

 

私の恋愛のバイブルです。

やはり、「精神レベル」が関わってきます。

出会いも別れも自分次第。この本も、彼に貸しました!( *´艸`)

 

 

以上、叔父の愛で詰まった本でした。

スポンサーリンク